パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッククロッシング(bookcrossing)

  1. 2005.
  2. 03.
  3. 13
  4. (Sun)
  5. 22:04
とても興味深い記事を発見したのでご紹介。


先週の話になるが、英国の公共放送BBCがブッククロッシング(bookcrossing)の支援を始めた。ブッククロッシングは、書籍を共有物として社会のみんなで読み回すという試みだ。たとえば、駅のベンチに本を意図的に置いていく(あたかも置き忘れたかのように)。それを別の誰かが拾って読む。読んだらまたどこかに置いておく。別の人が拾って読む…。こうしてみんながその本を読む。これがブッククロッシング。本のほうにもそういう意図のラベル(あるいは電子タグ)を付けておく。インターネットなども連携して、拾った本の感想などを書き込む。国際的にはbookcrossing.comが有名。

───『極東ブログ』より引用



海越えたサイトhttp://www.bookcrossing.com/にも飛んでみましたが結構一般的なんだ…。てか『ダヴィンチコード』なんかが置いてあったらそれが英語だろうが私は持ち帰って読むぞ。

このブッククロッシング。各本に識別コードが付いていて、本のID(BCID:BookCrossing ID)をWebに入力するとこれまでどんな経緯で伝わってきたかもわかる仕組みらしい。そんで読み終わったらまたどっかに『忘れてくる』と。んで次の方へ…。本の旅は続くわけですな。もしかしたらじゃあ、シルクロードみたく東から西へ、西から東へ。長く旅をする本もあるかもしれませんね。夢があるねぇ。

てかそれで人と人とのつながりも、
新しい本との出会いも出来て、
本の楽しみも共有できるって
素晴らしいことだと思うのですが…
日本でやらないかな…。むしろ流行らないかなぁ。
これとってもいいことだと思うんだけど。


と思ったら日本版もありました。

私も本を旅させてみようかなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

既存の和製ブッククロッシング

最近、ブッククロッシングについて書かれたものを目にする機会が増えてきました。私は以前、偶然アメリカで見たことがあるのですが、ごくローカルな話かと思っていました。日本語のネット上やメディアでも、取り上げられる機会が増えているようです。

  • サイクルロード ~千里の自転車道も一ブログから~
  • | 2005.07.31
  • 11:19
  • Page top △

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。