パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権擁護法について

  1. 2005.
  2. 03.
  3. 14
  4. (Mon)
  5. 22:43
さてメディアの規制が掛かってるといわれている法案。
最近良く耳にしますがとても重要な法案です。
とくにネットでHPなんかを管理してる人とかね。

まずはここへ飛んでいただきたいです。
サルでも分かる?人権擁護法案

そして先ず法務省HPより。

人権擁護法案ってどんな法案なんですか?

人権擁護法案は,人が生まれながらにして持っている権利としての人権を護るため,人権侵害に関する相談に乗ったり,加害者に人権侵害をやめさせ,あるいは被害の回復を得られるよう人権侵害の被害者を援助する仕組みとしての人権救済手続を整備すること,その担い手として独立行政委員会としての人権委員会を中心とする人権擁護のための組織体制を整備することなどを目的とする法案です。
 言うまでもなく,人権侵害の救済についても,最終的な紛争解決手段であり,人権の砦としての裁判制度が用意されていますが,差別,虐待の被害者等の弱い立場にある人々にとっては自らの力で裁判制度を利用することが困難な場合が少なくないなど,現実には様々な理由から裁判上の救済だけでは実効的な救済が図れない場面があります。このような事情から,先進各国においても,裁判制度を補完する目的で様々な行政上の人権救済にかかわる制度の整備が進められているところであり,我が国においても人権救済制度を抜本的に整備しようとするものです。



メディアの未成年犯罪などに対しての過熱的な報道を抑制するものだと思われます。で、ここで考えて頂きたいのが。

2ちゃんねる。

あの大型掲示板サイトが規制されそうな気、しません?
うわそれスッゴイ困るんd(お前もう黙れ)

ただね、思うのはそんな、

なぁなぁな当たり障りの意見しか言えない様な社会。
つまらなくないですか?

確かに知る権利とプライバシーの侵害というのは長く争っている問題です。

とある事件について常識外れに加熱することもあるでしょう。人の意見はそれぞれだもの。何か一つの動きが出たらそれに反発するものが出てくるのは当たり前のことでしょう。どちらが悪いとは言えません。でもこの法案、本当に守るべきものを守ってくれるのでしょうか。大体救済、救済とうるさいですが差別に関する物差し、とでも言えばいいのか…その法案も読んでみましたが、差別ということに関する定義がかなり曖昧ですね。というか委員会についてのとこがやたら詳細に明記されてますが何コレ新しい天下り先?(嘲笑)とか考えましたよ。規制ばっかり、取り締まりばっかり。アララどっかの戦時下みたいじゃない?

この法案は差別等の人権侵害を禁止するものですが、「差別」を厳密に定義しておらず、また差別の「助長、誘発」をも禁止しています。 これらの「人権侵害」があると疑われた場合、法務省の外局に置かれる「人権委員会」が調査を始めます。人権委員会は関係者に出頭を求めたり、証拠品の提出を求めたり、立ち入り検査を行ったりする事が出来ます。 これらは令状請求の必要がなく、人権委員会の独断で行う事が出来ますが、協力する事を拒否した場合には処罰されます。 そして人権委員会に人権侵害と認定されると、当該行為をやめるよう「勧告」され、従わない場合には氏名等の個人情報を含む勧告内容が「公表」されてしまうのです。  このような法案は、言論を萎縮させる危険が極めて大きいと言わざるを得ません。また、「差別からの解放」を声高に叫ぶ一部の人達が「調停又は仲裁の申請」を乱発し、そのせいで人々が「被差別者」全体に反感を持ち、 かえって問題が悪化する事も考えられます。言論の自由を守り、差別問題の悪化を阻止するために、人権擁護法案反対にご協力をお願い致します。



これはこちら『人権擁護法案BLOG』からなんですが。

『人権委員会』。なんで警察のような役割を持つ機関がまた、ここで新たに出来なきゃいけないんですか?何様ですか?てかあんた等『言論の自由』とか何だと思ってんの?ブログとかで論議するの駄目なんですか?差別とかって人種問題だけじゃないでしょ?政治家の方々に都合の悪い問題がこの法案を盾に国民の間で論議できなくなる可能性も秘めてるしむしろそれ目当てで作ってない?このレンタルブログとかの個人情報、垂れ流しですか。へぇ、そう。情報流出管理とかに自信あるんだろうねぇ。委員会で管理してた情報が流出しましたとかなったら笑えるね。真っ先に指差して笑ってやる。

というかですね。

『社会』に一応生きてるんですから人と関わらない問題なんて存在しないのですよ?

そこを踏まえないでなにが人権擁護法案ですか?

こんな曖昧な法案で、『人権委員会のさじ加減』一つで書籍で何も言えない、『人権委員会に引っかかるから』なに映画も音楽も作れない。
こんな国になってみろ。


ふざけんなよ。


特にブログネットワークが開花し始めている今の段階、この重要なときに、非常にやっかいですね。情報化、ネットワーク化というもののいい面を全て潰す可能性がある法案です。
すべて『差別』という言葉で何も言えなくなる、処罰される、という事が起こりうる。

今の私たちの居る時代は過渡期です。ラジオからテレビ、テレビからネットへ、また将来、全く新しいものが出てくるかもしれない。ただ、今、様々な媒体の移り変わりを経て今現在のメディアというものがあります。そして随分意見が言えるようになったと思います。皆が自分の言いたい事を言えるようになった。
それには匿名性ということも多く関係していると思いますがまた別の要素ですので置いておきましょう。

テレビもラジオもネットもどれもがまだ絶滅はしてません。淘汰される事なく現在まできてます。ライブドアとフジにおける問題にしてもそうですが、互いに良いところがあるのだからそれを相乗効果に持っていくことをどうしてしないのでしょう。

この法案に付いてTVであまり報道されないのは、この法案で真っ先に潰れるのはネット系のメディアだから視聴率を伸ばすためにあえて放送局は報道していないのでないか?(あとバックに創●学会動いてるとか)という意見も多数聞きます。目先の自分たちの利権問題だけではなく、見る側のことも考えてもらいたいです。少なくともこの国の視聴者、利用者は放送局のことをまだ信頼しています。『真実』を伝えてくれていると思っています。『情報操作』をするというような裏切り行為はしていないとまだ信じているし(だいぶ疑りながらも)、もっと私たちを楽しませてくれると思っています。そのことをもっと考えて頂きたい。考えさせて貰いたい。私はこの法案に反対です。


なんだかなぁ。変な法案ばかり出る国だ。
こんな法案があやふやなまま提出されるなんて。
日本という国が段々住み辛くなってきています。
出て行きたくもなるよそりゃ。
可能性がない国なんてその可能性を摘むような国なんてお断りです。
映画も、本も、音楽も、今こんなに良くなろうとしているのに、それに規制するかもしれない法案。
人権を守るのは大切。
分かってるけど、あまりにリスクが高い法案です。

法って私らを守るためにあるんじゃないのかなぁ…


この法案問題。
ぜひ一度皆さんに考えていただきたい問題だと思うのですが。
いかがでしょうか?
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

表現の自由剥奪じゃ!

問題点が続々明らかになってきた天下の悪法となる素質十分の【人権擁護法案】。そもそもの出自は悪くないのだが(などと言うと糾弾されるかも)育ての親が悪過ぎた。《提案者=育ての親》が《野中=古賀ライン》という、おおよそ人権擁護とは縁もゆかりもないというよりむし

  • 毛唐もすなるブログといふものを
  • | 2005.03.15
  • 15:43
  • Page top △

とりあえず結論は持ち越されたが

午前中、人権擁護法案について自民党法務部会が行われた。TBSの動画ニュースをみたが、保岡元法相や古賀誠元幹事長の顔があった。一部情報では賛成派が増えたらしい。政治の世界は闇だ。不可解なことだらけだ。古賀一派の巻き返しに警戒を要する。*◆自民、了承再び持ち

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。