パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモン騒動の落とし処を考える。

  1. 2005.
  2. 04.
  3. 23
  4. (Sat)
  5. 00:57
さて。久しく真面目というか社会的な内容を取り扱ってなかったのでファイナンスのゼミを専攻してしまった(もう既に付いてけないんじゃないかとか色々後悔中)のでこの問題に収集を付けて置こうと思います。

どちらかというとメディアが2ヶ月以上騒いでいた割にはすっきりしないまま終わってしまった感があります。ライブドアが下火になっていたのは動かせないことけれど、フジとの和解報道の後に何処でも『結局どちらが勝ってどちらが負けたのか』ということを探る人々が大勢おりました。(私もその一人になるのかな)また様々な意見がネット界でも書き込まれましたが総局的に見て『ホリエモンの負け』という見方が多いですね。ただ今トランス系の曲を聴きながら(しかもネットラジオで)打ってるくらいなんていうか力が入ってないので、でぶっちゃけた話、私なんかが今更まとめたところでどうしようもないんじゃないかっていう気もするんですが。

最初に、ライブドアについて別にホリエモンだけがライブドアじゃないから便宜上『彼等』という言葉を使うことを断っておくけど、彼等はニッポン放送株式の売却によって利益を数億円得る、知名度が向上する。ぐらいしか今回の騒動の結末に残ったものは無いような気がするよ?知名度の向上はいい面もあるけど結構今回ホリエモン叩かれてたから悪いイメージも伝わったことも考慮するとアレレ?という感が否めません。しかも大元の元をたどると今回の騒動のきっかけであったニッポン放送とフジの捩れた資本関係がいつの間にかフジがニッポン放送から切れて独立する形で騒動が収まってしまいました。美味しいところを掻っ攫っていったのはフジとしか思えないですよね。一時期ライブドアに追い込まれてのTOBで5950円で応じてくれた株主に対する責任問題なんかが出てきてますが。(まぁ当たり前だろうなぁ…)

もう一つ興味深いことを上げるなら、経営者の方々からホリエモンが負けていると判断する際の理由の一つにライブドア側が『多くのリソース(人も時間もですね)を失ったにも関わらず数億円の利益しかあげてない』という意見が多いことです。ナルホドと目からウロコが落ちた気分です。そういえば色んな人がライブドアを去ってたなぁ。

そんでもって1000億円をどう切り回すのか使用用途が明らかじゃないお金を背負ってしまったのもどうなるのだか。

スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。