パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き込まないつもりでしたがこれだけは!!(ライブレポ追加!)

  1. 2005.
  2. 06.
  3. 18
  4. (Sat)
  5. 00:53
ライブ行ってきたのね。
ACIDMAN。
ライブ前にタオル購入して良かったよ。


ACIDMAN最高やねんて。(落ち着け)


あっつかったぜよー!!!!!



てか6列目って近ッ!ステージめちゃ近いねん!!
こんなに近いとは!!
しかも大木さん目の前!!
でも前列の男性が邪魔だった!
幾度なく張っ倒しかけました。



カナさん3列目だったんだよなぁ…更に近い…



やめい有り難うマジで有り難う。
チケ取ってくれてホントすみません。
隣ではしゃぎ過ぎてすみません。
跳ねすぎてすみません。
自制効かなくてすみません。

てか大木さんカッコええー!!(脈絡無いよアンタ!)
つーかやばいぞーアレはー。セクシーとか言っちゃいたい。(やめて。)
二の腕セクシーとか言っちゃい(自制して下さい。)
可愛いぞアンター!!!(何でも可愛いで括る語彙不足)
でもカッコ良かったぞー!!!
アオリまくってた佐藤さんもグッジョブッ!
つーかMCでの浦山さんの扱いが。
そりゃ「頑張って」と叫ぶよオネエ様方が。



がー!!!!


色んなものが詰め込まれすぎてて上手く書けない!!
明日から合宿なんですけど、行く前に書けたらライブレポ上げときます!!


あー。あー。
未だ興奮状態なんですが。



とりあえずライブ最高でした。
生声の方が何倍も素敵でした。
ドラムの音もベースの音も素敵でした。
今の気分なら課題の英文も鼻歌でこなせそうです。






訂正します。
やっぱ鼻歌では無理です。

「書き込まないつもりでしたがこれだけは!!(ライブレポ追加!)」の続き▽
P050612_1544.jpg

写真はライブグッズのライター。上手く撮れなんだ。


さてさてライブレポ。

この手の奴にゃ初めて参加したですだよ。
なんつか映像と、ステージのコラボレーション。
最初、銀幕がステージ前に、どーんっと在って、『これから何始まるんだべ』感を煽る煽る。
開演前に何度も隣のやめいに「ワクワクしてきちゃいましてよ」と
言ってました。煩くてゴメンよやめい。

トップバッターは『韻シスト』。
実は初めて聞いたんですよね。

だってアラバキいけなかったんだもん。

ノリが良くて跳ねたり色々やってたら、
やめいに「知らん曲でよくそこまで」と言われました。
フハハハ!愚問!!
ライブは楽しまんと損だよ!!!
ぶちゃけた話、水谷さんライブ行くと同伴者放置プレイで跳ねてるから。
腕も良く振るんですが疲れやすいのですぐ左右換えるんで

隣の方は不定期エルボーにご注意下さい。

偶に腕時計したままなんで

当たると痛いですよ。(今まで何人を屠って来た事か)(そんなにライブ行ってないじゃん)


あぁお話が逸れましたよ。
韻シスト。
名前だけは知ってるって、私多いので困ります。(笑)
ホント初めて聞いたんですけど、
良いですね!乗りやすいし、何より音が良い。

うあーフルート(たぶん)も吹いちゃってますよ!
すげー!

「ROCK ON」って曲が良かった。
あと「YEAH STOP」っていうの。

FUNKYMICさんは絶対に忘れられない人になるなと思いました。

だってリュック背負ってたから!
だってセブンイレブンのTシャツだったから!
めちゃくちゃ空港から、バス乗って、降りて歩いて、控え室スルーで
そのままステージ上がりましたァ!って感じで。(実際そうだったらしいけど)

何入ってたんだろあのリュック・・・。
結構膨れてたんだよね…。

そんなFUNKYMICさんがヒーハー言ってた「少年B」って曲もよかれでした。
笑い満ち溢れとったMCによれば新曲だそうな。
発売されたらTUTAYAとか借りてこようかな。




んでそんな韻シストが終わった後にですね。
銀幕が、がーっと降りてくるわけですよ。
そしておもむろに始まるショートフィルム。
で、初心に立ち返れば今回のライブは

『ACIDMAN presents "Cinema" Vol.3』

~映画のような映像、ストーリーを想像させるバンドと音楽のように何かを短時間で伝える映画とのコラボレート~

な、訳で。

構成的に『ライブ→映像→ライブ→映像→ライブ』なんですな。
なので『あぁ、これが映像とライブのコラボという奴ね』と納得して座席のシートにもたれかかって映像を見ていたのですが。


…シュールな内容でした。


出てる役者さんが4人いて、全員北欧系彫りの深い顔立ちなのに、
なんかやってる行動が吉本チックでした。
内容は敢えて省きますが…
か、かろうじて英語の勉強になったかな…。(汗)


で、また次のバンドさんが来ました。
これまた初めて聞くの方々で。(極めて狭い守備範囲ですみません)
BACK DROP BONBという方たちでした。
うーん、声がね、とっても良いと思ったのですが
正直、その時心臓に激痛走ってて
乗るというよりかは音を聞いてた感じ。
曲はどちらかというと男性に人気があったように見受けられました。
ギターとベースがしっかりしていて、結構水谷はリズム隊に弱いのですが、このバンドさんでは珍しくギター重視で聞いてしまいましたよ。(偉そうに書いてますが所詮素人の耳なので本気にしないように。)
んーでも、うーん…。
歌は聞き取れんかったです。
ごめんなさい。




んでそんで終わってまた映像が入るわけですな。
これがまた意味深な映像でして。
SOLというタイトルがついてたのですが。
なんか『ある証明』(マキシ)中にもあったよね…?
マキシはまだ聞いてないんだよー!!ごめんなさい大木さん!
『ある証明』だけはきっちりラジオで録ってあるんですが。
Air JAMはACIDMAN大好きだよね…。


映像は結構深い内容でした。
フルCGだったのですが、『欲望を追い続けた先に主人公が
たどり着いたものはなんなのだろうか』というテーマの映像。
言葉が無いのに、人間を模した形のCGの動きの一つ一つから
何かが伝わってきた。
これは見ないと分からないと思うのですが、
ACIDMANの曲ってやっぱドラマティックなんだなと思いました。
セリフのない映像に曲で言葉を越えた何かを付加してた感じ。

『うわー、何この女ACIDMANベタ褒めしてんの』とか思われるかも
しれませんが、本当にそうなのですよ。

あと、色の構成が良くて、
補色でもないのに互いに引き立てあうような色使いがされてました。
うむむ。お勉強になったなぁ。





で、まぁ映像終了しまして。

銀幕が開いて。




心なしか物凄くみんながシートから立ち上がるのが
今までのどのライブより早かった気がするのですがおいて置いて。


始まっちゃったのですよ!!!
ACIDMANのライブ。


おおおおおおおお大木さんううううう、歌っとるでー!!!?


いや軽く言語障害陥るね!
ええと、ええと、唄ったの順不同でいくと
『赤澄』『ある証明』『Human traffic(ちょっとおぼろ)』
『Isotope』『廻る 廻る その核へ』
あともう3曲位歌ったような…。
ありゃりゃ、覚えてないですよ。
カナさーん!やめーい!
あとなんだっけー!?


でももう『赤澄』生で聞いてしまってアタイはもう満足です。
これ聞いたらCD聞けないよ…!!!
もう、だって、物足りないもん!!


PVでしか見たこと無い人が目の前で唄ってて、
何度卒倒しかけたことか。
超☆声良いよ・・・
しかも演奏素敵過ぎる!!


てか大木さんノースリでしたよ!?

帽子、ギター、ノースリ、目を閉じて唄ってて。


いやもぅヤバイね。


お前幾つだよっていう語彙の貧困さですが。

ヤヴァイ、ヤヴァイ、しか言えないんだって!!!
ああもっと文才欲しいよ!!


MCでは大木さんはマイギターのチューニングが中々合わなかったらしくて、


「なかなかね、(チューニングが)合わないんだよね。」

「普段違うギター使ってるから、んー。」(ギターをいじりつつ)

「嫉妬されちゃったかな。」(はにかんだ感じの笑い)



グッジョブ。


く、悔しいが見事に乙女心とか言う奴をグッと掴みおって…!!!


あと

「森で良いドラマー拾いました」発言とか。

良い3人組みだ…。


曲の方では一番なんといっても『廻る 廻る その核へ』の映像と音楽のコラボが印象的でした。
先述したことを繰り返すようなのですがね、やっぱりなんていうか
心に響くのですよ。歌詞とかメロディーが。
なんていうか語弊まがいなのですが、喪失感と充実感を同時に与えられてる感じ。
染みるんだよね。

それに映像が付けられたらもうアナタ。って感じですよ。(どんな感じよ)

たはー上手く纏まんないですよ。ぎゃー。
でもでもすっごく心地よかったです。
個人的には『Your Song』唄って貰いたかったですが…
ワンマンあったら行きたいなー。
早く次のアルバムとかマキシとか出ないかなー。
なー。

スポンサーサイト

COMMENT

そりゃ

落ち着きませんて。
興奮しまくりますて。

はいはい!

0=ALL
が流れてメンバー登場

FREAK OUT
colors of the wind
アイソトープ
赤橙
human traffic
ある証明
飛光

廻る、巡る、その核へ

セットリストはこんなんだったよね?
はぁ。ほんとヤバイの一点張り。なんか言葉変だけど。笑
アイソトープはライブじゃ毎回やってくれるんだけど・・・、大好きだわ。
跳んで跳んで大変なことになるよ。ははは。
おととしの荒吐で生で初めて聞いてはまったのが始まりですな。
それ以来、おーたっていうナイスな相方もゲットしてしまいまして、もうどっぷり。

アルバムは今年中に出すみたいだけどさ!楽しみ~♪
またACIDMAN色多彩なものになってくれるどろうね。
ワンマンあったら確実に行くから!
チケット取りがんばっちゃうから★

大学で水谷見かけたら、有無を言わさず捕まえます。笑
じゃ!!

わーいわーい!

曲目サンキュー!!

…結構な忘れ具合ですね自分・・・

やっばいよね!!
あはは、やっばいやっばい。しかいえないよね!
吉井もヤバかったんだけど、質が違うのでうーおー。
そいつはまた後で。

アタイ今月なんかもう駄目ですよ!!
絶好調なんだけどテンション高くてなんも考えてないっていうか!!
ゼミ中とかやばいね。
脳内スピーカーから赤澄流れてくるから。(現実逃避とも言う)

ワンマン、あったら行くともさ。
うふふ。

大学でアタイもカナ見かけたら捕らえるから!

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

Cinema

ACIDMAN!!!!!行ってきましたCnema@仙台市民会館!!かっこよすぎた・・・。もう、そればっか。語彙が足りない・・・。市民会館?え?全席指定?なんて心配もよそに、映像と、音楽コラボってました。だってさ、3列目だよ?いつもなら押し合いへし合いのところを、ゆっくり

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。