パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国士舘と青森山田

  1. 2005.
  2. 08.
  3. 13
  4. (Sat)
  5. 00:20
本日は出版のアルバイト。

あぁ、なんていうか。


出勤して何も言わずにNHKにチャンネル合わせてくれる(しかも大音量)この職場が大好きです。


たぶん20日まで『こたえてちょーだい』とか絶対流れないよ。

本日青森山田と国士舘の試合。
注目は国士舘双子の高橋兄弟と青森豪腕ピッチャーの柳田君。
5回まで(だったかうろ覚え)ノーヒットノーランに押さえてる柳田君にどう国士舘が点取りで動くのかが見所とか解説の人にいわれてもさ。
幾ら足が速くても塁に出れないんだもんなー。
実際に点取りにいってたのは青森の方でした。

あと解説の人ってさ、
「これから期待の選手です」
「ここぞという時の頼りがいのある打者」
とか良く言うけどさ。

それがホントならなんかみんなプロに行けちゃいそうですね。

それにしても今年の甲子園は随分『四番でエース』ってのが多い気がする…


本日作業してた場所が微妙にTVから遠かったため、
音声聞き逃すともう

誰が打席立ってんだか全然わかんない。(甲子園球児はみんなそんなもんだ)

特に、みんなガタイ良いからね…青森…。
同じに見えるっての…
国士舘は割りと細かったり眉毛だったり特徴的なチームなんだけどさ…

TVに食い入るように見てたら
『ちゃんと働いてね』と上司から言われました。
でも言った、次の瞬間、柳田君がヒット打ったらアップになった国士館の投手を一目見て『あらヤダ国士舘のピッチャー可愛いじゃない』(いや本当に可愛いんだって。)とのたまった上司にちょっとシンパシー湧きました。
何処までも着いていきます姐さんッ…!



明日は東北対遊学館の試合。
あー、なんでここで当たっちゃうかなー。
どっちかが必ず消えるってのが切ないところよな。甲子園。
出来ればベスト8とかぐらいで見たかったカードです。
去年とうって変わって全員野球の東北高校とメンバー内6人が甲子園出場経験を持つ遊学館。
能力的には遊学館のほうが勝ってるけど、
東北高校の監督は結構な策士だからなかなか面白い試合になるのではないかと期待してます。
20人中17人が『甲子園のグラウンド初めて』の東北の選手たちをどう動かすのかなぁ。
楽しみです。


っていうかそろそろ本格的に成田君にBUMPの『ノーヒットノーラン』唄ってあげたい。(お前鬼か)
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

第87回全国高校野球選手権大会 第7日目

本日、第87回全国高校野球選手権大会 第7日目が阪神甲子園球場で開催されました。本日で49校が全て登場!!今年の東西対決は大会6日までで13勝9敗で東がリード。早々勝ち越し決定!!本日の試合樟南(鹿児島)-花巻東(岩手)樟南は決勝でセンバツ準優勝の神村学園に9回逆転で勝ち出

堅守光った!これぞ東北の野球!対遊学館4-3

東北高校が逆転勝ちで3年連続3回戦進出!1-3の6回に松山選手と山田選手の適時打、竹原選手のスクイズで一挙3点で逆転。先発高山投手は6回3失点でその後は初戦同様に三浦投手と坂本投手のリレーで逃げ切り成功。接戦をものにしました。この試合、なんと言っても光

学生野球も熱い

高校野球。今日、駒大苫小牧がまたもや勝ちました。みんなで『ナンバーワン』を示す人差し指を立てて集まる姿が印象的です。ああいう熱いのを求めてる。今年も期待大!!東北高校もまぁ、がんばってくださいな。東北勢同士のつぶしあい、あんまり見たくないね。東北勢にとら

  • OVER THE RAINBOW +にじかなたぶろぐ+
  • | 2005.08.15
  • 23:51
  • Page top △

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。