パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねじの回転

  1. 2005.
  2. 01.
  3. 12
  4. (Wed)
  5. 00:32
今日女帝に『希望の国のエクソダス』、
さわりだけ読んでもらい(なかば強制)
「おもしろいね」と感想を頂いた。


ふっふふ。(* ̄ー ̄)


いつか本や映画のレビュをまとめたHP作りたいので
そのために今日も書き溜め。

恩田陸『ねじの回転

しつこく恩田陸で外堀埋めてこうと思います。
数ある恩田陸の著作。
非常に幅広いジャンルをカバーする恩田さんですが
こちらは歴史SF。二・二六事件が舞台となっております。

もし時間が巻き戻せたら。

たった一回出来事の修正が効いたら。

とある未来。時間の修正が効く、という技術が開発されます。
『そんなら修正したれや過去。
あんなこともこんなことも。
そしたらもっとエエ世界になるんちゃうー?』

というスローガンの下(本文ではもっとカッコいい文章です。)、人々は新たな世界を作るべく歴史の修正を始めます。
次々と変わる過去。

しかし歴史の皺寄せは恐ろしい危機を生み。

そして最後に選ばれた歴史のターニングポイントは
日本の二・二六事件だった───。



歴史上のとるにも足らないことが後の大きな火種にもなる。そんなことはよくあることです。例を挙げるならモーセ。海を割ってくれたおかげで9・11起こったし。ま別に今責めてもしょうがないんですが。モーセが居なかったらツインタワー立ってたのか?ってそれもまた謎ですし、もしかしたらアメリカ無かったかもしれないもんね。この二・二六事件は日本が軍事国家への歩みを加速させアジアに戦火を撒き散らす発端になった事件として歴史上名高いわけですが、意外と日本では重要視されていないような気がします。靖国問題などに関してもそうなのですが、戦時中の政治家の処分や慰霊にこだわるのも悪いとは言わないです。でも、もっと物事の始まりの方に目を向けるべきなんじゃないですかね?謝ってばかりな外交姿勢ではなく、自国ではこういうことがあり、戦争への道を歩んだんです、と説明できるぐらいじゃないと。戦争したくてしてる奴なんか居ないって。その辺がドイツと違うんだよねぇ。てか戦争の責任問題を考えるときに首相が一人で突っ走られると困るんだよね。あんた日本の顔だって事もっと自覚しやれや。っていうことをづらづらと並べ立てたくなるぐらいに二・二六事件に愛着が湧きます。(なんて紹介文だ)

でも日本史とってた人じゃないと面白くないかも。
高橋是清とか、あーみたよこのオッサン!
と思わせるヒトが沢山出てきます。ふふふ。


そんでもってまた二・二六事件の首謀者の青年将校さんたちが
うちらと大体同じ年なんだな。
やるせない気持ちや真剣に日本を思ってる気持ちとかに
思わず涙。心理描写やっぱ上手いよ恩田さん。


大どんでん返しも多分に含まれた息もつかせぬ展開。
恩田さんのどんでん返しは毎回一筋縄じゃいかない。
全く、やってくれます。一行たりとも見逃せません。

水谷的にはオススメの一冊です。
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。