パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国地方について

  1. 2006.
  2. 05.
  3. 28
  4. (Sun)
  5. 23:39
功名が辻で長曾我部元親ことチカちゃんが早く出てこないものかと期待しております。っていうか最初取り違えて山内一豊の土佐入りでチカちゃん斬首扱いかと思ってたんですがよくよく読み返したら関が原で石田三成側に着いた盛親が斬首だったのですね。(だったのですね、っていうのもアレだけど)紆余曲折ながら天寿真っ当されてたようなのでなによりです。今度復習に司馬遼太郎でも読もうかと思っている今日この頃ですが。本日、大河ドラマを見ていてふとしたことから中国地方って一体いつから『中国』と呼ばれるようになったのかと気になりました。出雲大社などの信仰面から『中つ国』思想で中国と付いたのではないかと思い、父に論じてみたところ、『んな神代の話で地名は付くわけねぇじゃんよ』との言葉を頂きました。このやろうと思いましたがぐっと堪え、無駄に本棚で幅を利かせてる百科事典で調べたところ、古代に国府を置いたときまで遡り、『近畿を中心に距離が離れるほど近国、中国、遠国という地名を置いた』とありました。今で言う大阪辺りは『近国』、北九州辺りは『遠国』つまり夢もロマンもへったくれもなくただ距離の問題だったんですね『中国』。その後に平安時代に紀貫之が『土佐日記』残してるぐらいですから何かしら地名変更の出来事や由来とかはあったんでしょうけど、ちょっと色気無ぇなぁと思った夜でした。そしてこういうの地名に関する由来って調べたら絶対面白い(今回空振りだけど)と思うしむしろ卒論書きたいぐらいなんですけど、多分駄目ですねぇ。あぁもう。
スポンサーサイト

COMMENT

四国を取り込んで中国って言ってるのかな?

古代あたりは四国も含めてそう言ったらしいね。(っていうことで質問には答えになってますか?)

奈良時代辺りで四国っていう風に分かれたんじゃないかな。
国府置かれたあたり。

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。