パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチギ!

  1. 2005.
  2. 02.
  3. 15
  4. (Tue)
  5. 21:04
『パッチギ!』

仲良うしたいだけやねん。

生まれた場所より生きてる場所やろ。

河があるなら橋を架けよう。

今こそ愛だぜっ!

歌いたい歌を歌うんじゃ。

誰かが引いた線なら俺らが消してやる。

というコピーに引きづられて『パッチギ!』見てまいりました。

率直。


美川憲一が泣いたのに納得。

どんな判断基準だって話ですが。
ボロボロ泣いたよ!何気に今年初の映画館で見た映画。
でも今年度の中でも高ランクに位置するのは間違いないね!!
アイライン流れる、マスカラ目に入る、でも止めようと思っても涙がホント止まりません!
笑いあり、涙アリ。最高に忙しい(自分の顔が)映画です!
最後なんて泣きながら笑ってたよ。
あーもう最高だよ井筒和幸!!!!

ストーリーは、1968年の京都。喧嘩の耐えない険悪な仲の府立東高校と朝鮮高校。(高校名うろ覚え)そんな中で両校の親善サッカーの話が持ち上がります。平和の使者(爆笑)に選ばれた康介とノリオ。康介は朝鮮高校の吹奏楽部にいたキョンジャ(えらく可愛いお嬢さんでした)に一目惚れ。しかし、キョンジャは朝鮮高校の番長アンソン(とび蹴り・頭突きが素敵)の妹でした。で、キョンジャがフルートで演奏していた曲の「イムジン河」。それを口実にキョンジャに近づきたい気持ちから、坂崎さん(オダギリ。シャツがインなのに違和感がなくどうしようかと思った。)にギターを習います。そしてアンソンが祖国に帰るという祝いの席で「イムジン河」をキョンジャと合奏する康介。この事で朝鮮の方々と仲良くなってゆきます。

ところがとある事件が…。

あー、あの瞬間コートを引被ってしまいましたよ…
今でも、ぞわぞわする…。



もうホント四の五の言わないで(お前が言ってるんだよ)見に行ってもらいたいです。
これは映画館で見たほうが絶対に良い!DVDでも良いけど。でも一度見ないと、絶対に損!!
在日問題とか、青春とか、喧嘩とか色んなものがぎゅっと詰まってる。今、韓流ブームじゃないですか。北朝鮮や韓国を取り扱った映画多いし、書籍も沢山出てます。でも本当の意味での平和、和解、って何なんでしょう?恥ずかしいことに私には答えられません。喉まで言いたいことはあるけど、漠然とした後ろめたい気持ちや、他にも色んなこと上手く纏まらなくてきっと何一つ言えないでしょう。あまりに何も知らないことも原因の一つです。知ろうとしてるかと聞かれても…答えはNOです。日本史を勉強して、色んな本を読んでもそれで分かっているかと問われれば何一つ分かってないと思います。戦争は正当化できない。『その時歴史が動いた』を見たって、何を見たって聞いたって、過去のことに答えは出ない。だってそれは『解釈』になってしまいますからね。でも、本当に何も知らないのが恥ずかしくなった・・・。

今、現在のことに、形振り構わずに真っ直ぐにぶつかって行くということは簡単なようで難しい。それを実行して、良い意味でぶち壊して目を覚まさしてくれる『言葉』が『歌』が『笑顔』が『涙』がこの映画にはあります。アッツイ感じっていうか…。
『どうして戦争するん?』っていう康介の素朴な疑問はホントは
誰もが持たなくちゃ、考えなきゃいけないことのなんじゃないかなと思ってみたり。


あ、キーパーソンでラジオ局のおじさん。
笑顔が…素敵でした。(笑)


あと、オダギリはあらゆる意味で最強なのではないかと思いました。
スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぞわぞわ。

思わずコートの襟をかき合わせるような、
そんな鳥肌モノの映画を観たいという時に、
なんと素敵なレビューをお書きになるんですかアナタは…ッ!!

なんか、呆けてしまった。
私が映画に求めるのは、ぶわー泣いて感動するとか、
スカッとするとかいう「娯楽性」なので、
この映画ははっきりいって観ない系でしたが、
この記事読んで「観たい」と思った。
「今私が観なきゃいけないモノかも」とも思った。

いや~…水谷のレビューにもぞわぞわしました。

gantakurin@「シネまだん」です。
TBありがとうございました!
「パッチギ」というタイトルには「突破する」「乗り越える」という意味もこめられているそうです。
この映画を観たわたしたちが「乗り越える」番なんだと思います。

パッチギの爆発力

「パッチギ」は映画がすごいだけでなく、映画を観た人に活動的にさせる力があるようですね。たくさんの人がブログにコメントを掲示し、同志を求めようとする衝動を持たせる映画は近来なかったように思います。井筒監督はすごいことをしましたね。
「ホント四の五の言わないで見に行ってもらいたいです」という感想はまったく同感です。そういう感想を持つ人にも共感します。

TB有り難う御座います!

おおおお恐れ多くもTB&コメント有り難う御座います!

>女帝。
いや、その、ええええ!?
女帝をぞわぞわさせちゃったよ。(笑)
というかえっと、有り難う御座います。
みっちにそう言ってもらえると嬉しいよv
『パッチギ!』見に行って!オススメだよ!
面白いよ!笑えるけど泣けるよ!
マスカラ厳禁ハンチーフ必須でフォーラム行ってらっしゃい!
それから『相棒』も毎週見なされ!(どさくさ過ぎ)

>gantakurinさん
こちらこそTB&素敵なコメント、有り難う御座います!映画を見て『乗り越える』、『乗り越えたい』という思いを貰いました。『映画を見た私たちの番』本当にその通りだと思います。

>ガッチャマンさん
ホント、動かずにはいられなくなります。(苦笑)この映画には心揺さぶられました。井筒監督凄いですよね。共感、という言葉を頂けて嬉しかったです!有り難う御座います!

余談ですが、関東に住みたかったと心底思っております…



あわわ、こんなに素敵なコメントばり貰って良いんじゃろか…!!
てか『パッチギ!』ホントに良い映画だよ!!
今すぐ映画館へGOッス!

TB有り難うございます

 おもろい映画でしたね。
 水谷豊さんのファンですか。私は家族が2時間ドラマ好きなので、地方記者とか探偵左文字(って名だったよな)とか見ます。相棒も2時間枠だったはず。今は船越さんが2時間ドラマの帝王と言われていますが、水谷さんも渡瀬さんも帝王ですよね。いつまでも若い人ですよね。

TB返し有り難う御座います。

>海音さん
ネット環境悪くてコメント遅れて申し訳ありませんでした。

『パッチギ』良かったです!まだ今年が始まったばかりですが今年の面白かった映画一位になるかも。(笑)

水谷さんのファンです!帝王船越さんも好きなのですが、現在相棒での水谷さんに心底そこ惚れ込んでおります…。探偵左文字進シリーズも好きです!といってもシリーズの3回ぐらいしか見られてないのですが…さとう玉緒も可愛いくて良いかと。(笑)あと2時間枠系では北村総一郎さんが出てくると思わず見てしまう傾向にあります…。(苦笑)『いつまでも若い人』ホントそうですよね…。これからも活躍に期待したいと思います。


『相棒』は土曜ワイド時代を経て今毎週水曜にやってます!(地方によって違うかもしれませんが)ぜひぜひご覧下さい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

書き込みありがとう

私も今日会社でみんなに感動を伝えました☆
ぜーったい大泣き間違いなしですよね?
今年はおもしろそうな映画がたくさんあって、嬉しいです!!

また見に来ますね☆

いえいえこちらこそ!

こんにちは!
いえいえこちらこそTBお世話になりました!
大泣きします!します!マスカラ目に入ります!(笑)
これからマスク2なんかも始まりますし、
これからどんどん面白いのが黄金週間に向けて増えますよね!楽しみです!

またのお越しお待ちしてます!
では!

こんばんは!

echo&コメまでありがとうございました、猫姫です。
実は、あたしがこの映画に感じたのと、水谷様が感じられたのとは、多少違う気がしています。
みなさまのブログ記事、コメを読ませて頂いているうちに、口を揃えて、良い映画だとおっしゃっているのですが、年齢、地域によって、「良い」内容が、少しづつ違うと思い始めました。
でも、井筒監督がすごいことには変わりはないのですが、、、
長々とごめんなさい。またよろしくお願いしますね。

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

『パッチギ!』(えいwithフォーン)

--------『パッチギ!』とはまた不思議なタイトルだにゃ。これは井筒監督の映画だよね。「うん、もうこれは彼の最高傑作。68年に生きた若者の青春を現代にまで影を落としている朝鮮問題と絡めて描き、娯楽性と社会性がみごとなまでに融和。<これぞ映画>って感じだね」。---

『パッチギ!』再び

-----あれっ、『カナリア』は行かなかったの?「うん。急にインタビューの仕事が入ってもう一度「パッチギ!」を観ておいた方がいいだろうということになったんだ。この映画は一回紹介してるので、改めて喋るのは止めるけど、こんどはディテールまでじっくり観た。すると、現

パッチギ!

韓国へ修学旅行に行く娘を、関西国際空港まで送ったあと、 せっかくここまで来たので、イオンりんくう泉南ショッピングセンター内にあるワーナーマイカルシネマズに寄った。 何を観よ。 ネバーランド・カンフーハッスル・オーシャンズ12・北の零年・パッチギ! ネバーランド

パッチギ!

「お見事! 文句なし! 全ての人に観て感じてほしい。井筒監督、アンタは偉いよ。寒い冬の心に温かい風を運んでくれる感動作。」 今日2本目は「パッチギ!」です。っていうか、「パッチギ」って何ですか?(笑) まあ、観ればわかりますかね。「プレミア日本版」の評価も

  • 30歳独身男Kazuakiの映画日記
  • | 2005.02.16
  • 00:05
  • Page top △

パッチギ!(再)

監:井筒和幸 出:塩谷瞬 沢尻エリカ9点 劇場で2度目の鑑賞です。ええ作品です。気が早いのですが、早くも今年の日本映画No.1かも、と思ったりします。井筒監督によると、「パッチギ」は頭突きという意味だけど、もともと「乗り越える」「突破する」というよ

パッチギ!

 自腹で見なきゃいけないと思いつつ貯まったポイントで観てしまった。「横山ホットブラザーズはこの時期にはもう活躍していたんだなぁ」と妙なところに感心しつつも、見事な青春映画に仕上がったと感じましたよ! 発売中止という措置を取られた「イムジン河」を二人の恋愛

パッチギ!

監督:井筒和幸 キャスト:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木

  • 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
  • | 2005.02.16
  • 05:49
  • Page top △

結婚と国籍

「パッチギ」という映画のCMをラジオで聞きました。在日の女の子と日本人の男の子の恋の物語のようですが、CMで流れる女の子のセリフにちょっと考えさせられました。「もしも結婚する事になったら、朝鮮人になれる?」国籍が違う場合、結婚する時にそういう事を考えなくては

パッチギ!

公開:2005/01/22:【日本】監督:井筒和幸出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー「こちトラ自腹じゃ!」作品を斬りまくってる井筒監督の作品を鑑賞。パッチギには「頭突き」、そして「突き破

パッチギ!

観てきました。「映画に行こう」というのだけ決めていて、当日「ネバーランド」「ターミナル」とこの「パッチギ!」のどれにしようか悩んだ結果、近くのきれいな劇場でやっている「パッチギ!」に決定。前売り1500円と少々お高め(?)なれど、それに見合ったなかなかいい映

『パッチギ!』

■監督 井筒和幸■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟  殴り合ったら、同じ色の血が流れた。 誰かが線を引いたなら、俺が線を消してやる。 歌いたい歌を、歌うんじゃ。 今こそ、愛だせっ。  胸

パッチギ!

 「今知らないということは、この先もずっと知らないということだ」  喧嘩の末事故

「凄いや!パッチギ!」編を追加

CFディレクターで、映画「MASKDE41」の監督でもある 村本天志の日常を綴った 新"舌先三寸"日記に「凄いや!パッチギ!」編を追加。 井筒監督入魂の「パッチギ」を鑑賞されたようです。 大絶賛ですね。 パッチギ! 2004年 日本 監督:井筒和幸 脚本:羽原大介 井筒和

映画「パッチギ!」。ネタバレあり。

著者: 朝山 実, 羽原 大介, 井筒 和幸タイトル: パッチギ! 今日、新宿・歌舞伎町で井筒和幸監督の「パッチギ!」を見てきました。パッチギといのは日本語で「頭突き」という意味です。1968年の京都を舞台に、朝鮮学校に通う朝鮮人高校生と日本の高校生たちの青春を描

  • ある在日コリアンの位牌
  • | 2005.03.22
  • 19:52
  • Page top △

お勧め!!「パッチギ!」

「パッチギ!」観ましたヾ(≧∇≦)〃いっぱい泣いた~!!。・°°・(>_

パッチギ!

久しぶりに映画館に立てこもって映画を沢山観てきました♪ちょっとずつ感想UPしたいと思います♪「パッチギ!」2005年公開・邦画監督・共同脚本/井筒和幸 脚本/羽原大介出演/塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之 他*グループ・サウン...

  • きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/
  • | 2005.03.31
  • 20:48
  • Page top △

井筒監督にパッチギかましてきました!日記

「韓流X在日映画特集」というイベントに行ってきました。   話題の映画「パッチギ」の上映後、 井筒監督のトークショーに参加してきました。?  今回は、そのトークショーの模様をお伝えします。   映画が終わり30分の休憩後、 ジーンズに紺のポロシャツ

パッチギ! 今年の166本目 その2

パッチギ! 年代としては、1968年。ま、うちとは、ちょっと年代は違うケド、時代考証、完璧ちゃうん??最初、「音楽 加藤和彦」て出てきて、???やったんやケド、すぐにわかったわ。これなんやね。うち、カラオケで、たまに歌います、フォークル。

「パッチギ」

映画館で観ようと思ってて、見逃した作品をDVDで。井筒監督が自ら、テレビで宣伝してたよね。2004年製作の青春ドラマ、119分もの。あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)60年代の京都。高校二年の康介はグループサウンズに影響を受けたりしてる普通の高校生

娯楽で社会派で超ハイテンション/パッチギ!

やっぱり好きな映画について語るのが一番ですね。うん。

「パッチギ!」

井筒監督作は個人的にも当たり外れがあるけれど、この青春ケンカ映画はそこそこ楽しめた。勉強よりも何よりもけんかに明け暮れてるような熱い青春の時代なんて、あっという間に過ぎるわけだし、多少の無茶や無理も許してもらえるこの時期は成長の過程でとても大切だと思....

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。