パウダースプレー

持続効果は本人次第

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・フジとライブドア結局なんなの3

  1. 2005.
  2. 02.
  3. 21
  4. (Mon)
  5. 23:45
えっと、このシリーズですが、あの、結構自分の知識補完のために書いてるんで主語抜けてるとこ結構あるし、てか誤字脱字激しいし。あんまり長いと公開しとくのにアレかなと削ったのが悪かったかも。てか管理人にすら

はっきり言って分かりにくい、のは問題かと。

それでも書こうって言うんだから厚顔無恥も甚だしいのですが。
まぁやらんよりはマシだし、なんか期待されちゃったりしちゃうとおだてりゃ象だって木に登るってモンですよ。(無理だよ)


それではそれでは。参りましょうか。

前回、前々回のまとめでいうと、

『ホリエモンは一日で一気に3分の1のニッポン放送の株を取得した』

『ニッポン放送は実はフジテレビの株を多数保持してる会社だったのでニッポン放送を牛耳ることはイコールでフジを支配できる。』

『ホリエモンは今回の事柄は、本人はあくまで『企業提携であって業務の多角化によるメディアとWebの融合を目的としたビジネスを視野にいれているだけ』としている。』

『フジ側はのっとられない為に様々に抵抗している』


今回このライブドアとフジを巡る問題で一つ重要視されているのが『転換社債・MSCB(ムービングストライク転換社債)』というものです。これは結構興味深いことなので記しておきます。でも鵜呑みにしないでね。分かる範囲でしか書きませんが何分知識が足りないので解釈が間違ってることが多々あります。(笑)でも書くなって言われても書かないと間違ったままな気がするしね。間違ったとこ、あったらどんどんコメント下さい。

ライブドアがニッポン放送株の保有にあたり資金調達方法としたのがMSCBと呼ばれるものです。最近よく聞く言葉ですね。

※社債とは会社が資金集めのために使う証券のことです。
基本の仕組みは、会社が借金の代わりにこの証券を発行して一般の人に買ってもらいます。債券を持っていれば利子が受け取れ、満期になれば全額返ってきます。ただ購入者のリスクとしては企業が倒産すれば社債は紙くずになるということです。逆に言えば安全な企業の社債は金の卵を産む雌鳥のようなものです。企業側は銀行から借金するよりも低い利率で資金調達できる事が魅力ともいえます。近年のこの成功例としては『日産自動車』のカルロス・ゴーン氏が経営再建のために打ち出した社債発行が有名です。

で、転換社債ってなによ?って話ですが。

転換社債というのは基本的には社債なのですが、株式に転換できる権利を付与されています。つまり社債と株式の両方の性格を併せ持っているってことかなぁ。具体例を挙げれば、額面100万円、利率は0.5%で満期が来年2月22日のライブドア社債があったとして。来年には100万円が返ってきます。で、転換価格ってのが1000円と決まってると、額面100万円分をそれに見合った数の株式に転換することができるということです。これだと来年まで待たんでも市場取引が可能です。この場合は(1,000,000÷1000)1,000株保有してるってことになります。もちろん、株式に転換するかしないかは人次第だけど。でもこれ考えてみたら投資家にとってはメリットだらけですよ。だって株価上昇したら株にして売っちまえばいいし、逆に下がったら社債のままで満期で額面金額貰えばいいし。どっちにしても投資家の得。美味しいことだらけですがマジですよ。

これで買わない人がいない訳がなく。
ホリエモンは悠々とこれで800億の転換社債を発行して資金調達してたわけです。

しかし、ここでまた疑問。
転換社債を買う人が多くても、ライブドアの株価が下がり続けてるとか聞くんですが。
なんつーか雰囲気的にそれってやばくないですか?

ライブドア株、取引時間中の年初来安値を更新(18日)

あ、でも持ち直したみたいですね。(21日)

状況のある程度の予測が立つとはいえ、このブログは後手過ぎですな。全く、時代の流れ速いったら。

この株価が下がったり上がったりっていう流れは実は先程述べた転換社債に関係があります。


先程、転換社債には転換価格というものが設定されていると書きました。で、ライブドア株、実は転換価格(最初は450円だった)が修正される条件がついているのですよ。(なんか偉そうだけど説明できるか不安です。)その修正条項とは、ぶっちゃけていうと株価が変動に応じて、転換価格が修正されるというものです。ライブドアの場合、株価の90%に転換価格が修正される仕組み。つまり、株価が1,000円になった場合は、その90%が転換価格になるので、900円が転換価格になります。で、この転換価格の下限価格が157円。つまり、ライブドアの株価が下がり続ける=転換価格も下がり続けて157円にどんどんどんどん近付くなるわけです。

すると、転換社債を持っている人は株価の下がらんかなーと思うわけです。だって株価が下がれば下がるほど転換価格は下がる。転換するのに900円かかっていたものが、157円で済むんですよ?株の基本は『安いときに買って高いときに売る』です。157円で転換した後にまた株価が900円に戻ったならば(有り得ねぇ)どうします?743円儲けられますよ?うっわ、棚から牡丹餅みたいな話ですねぇ。で、待ってたって株は下がらない。んじゃぁどうするかっていうことで『空売り』という手に出ます。

要するに株って物は1ホールのアップルパイみたいなものです。
それぞれの会社で味も、大きさも、値段も違います。それを切って分けて、売り買いしてるわけです。美味しくなかったら売れません。切る数が多ければ値段は下がります。でも絶対数は変わりません。切る数は変わること(増資と言います)がありますが。(それを決めるのが株主総会とかです。)

通常、『売買』は買ったものを売ることです。株の場合は株をあらかじめ買って、それを売る。これが基本です。ところが「空売り」は実際に株を持っていない投資家が株を売ることです。持っていないから『空(から)』と呼ばれます。

持っていないのにどうやって売るのか?実は(なんかこの『実は』って使うの胡散臭くなってきた)株を持っていない人のために『株』を貸してくれる人がいます。お金じゃないよ。『株』だよ。で、借りてきた人はそれを自分の株のように売ります。

実例で説明した方が分かりやすいかもしれません。

例えば一株の値段150円の会社の株100万株を借りて売ります。150円でざんざかざんざか売って下さい。市場に数が出回り過ぎれば株価は当然下がります。そして株価が100円まで下がりました。さぁ、株を100万株買い戻しましょう。んで借りた『株』を100万株返して何事もなく5000万を手に出来るわけです。これが空売りと呼ばれる仕組みです。株を借りるに当たっては手数料がかかりますがそれでも十分な利益です。

その空売りを引き受けているのが昨日も出ました米系証券会社『リーマンブラザーズ』です。

転換社債を購入した人たちは、転換価格が157円になるまでライブドア株式を空売りする、というシナリオだったのだと思います。だから株価は下がり続けたのでしょう。株価をとにかく下げて、株式に転換。あとは、株式を買う。つまり増資と同じ効果がここで起こります。

あれ、てか一気にここで株式に変えられたら51%なんて軽く行くんじゃない?ライブドアのっとられちゃうよ?どうすんのホリエモン?

そして昨日の時点で株価が上がったのってなんで?

えっと、まだまだ続きそうなんで。
また次回。

スポンサーサイト

COMMENT

コメントしまーす

どもです。ぜひ、コメントを・・・。

①転換社債
この呼称は、2002年4月1日施行の商法改正によりなくなりました。今回のライブドアの発行も転換社債型新株予約権付社債です。

②転換社債って投資家にとって得すぎる?
旧転換社債にしても、現在の新株予約権付社債にしても同じですが、基本的には新株予約権は社債についてるオマケなんです。株式での調達も難しい、借金するにも金利が高くなるという会社が借金(社債発行)に対してオマケをつけることで、金利を安くしてもらってる訳です。なので、投資家にとっては、リスクが高い社債をめちゃ低金利で購入しているというデメリットがあります。その代わり、デフォルトしなkれば返済されるという保証を得つつ、企業価値の上昇による株式上昇のメリットも受けることができると言う商品がCBな訳です。MSCBのMSの部分はオマケのオマケみたいなもんです。

③CBを買って空売りで儲ける?
これも認識違いですね。CBを持っているのは間接的に株をもっているのと同じことです。つまり、もし、CBを買ったと同時に株を借りてきて売却しているというのは、持ってる株を売ってるのと同じです。なので、それ自体はあまり意味がありません。但し、CBのアービトラージ取引があって、CBロングの株ショートでデルタ分をヘッジし、ガンマで儲けるというのはあります。(詳しくはどっかで調べるか、興味あればまた、聞いてください。)

空売りで儲かるかどうかは、考えてもらいたいのですが、行使価格を引き下げるために空売りするとしても、後の株価上昇の局面では株を買い戻して返済しなければいけません。流動性のない株を無理やり買い戻すほどきついものはないですね。いずれにしても、株の上下に対してはニュートラルになる訳です。

それから、意図的に株価引き下げを行ったら以前にもあったように株価操縦で営業停止になりますよ。以前もエクイティリンク債に絡む外資の取引で営業停止をくらっているところは何社かありました。

あと、今回のMSCBの転換価格の見直し日は毎週金曜日のようです。なので、一時的に上下しても何の意味もなさそうです。

④転換されるとのっとられる?
ライブドアは前期期中に大幅分割したようで、四半期報告を見ると6億4,000万株ほどの発行済株式数になっているようです。今回のMSCBが仮に行使価格157円で行使されたとしても、5億1,000万株弱ですので、過半数にも至りません。仮に350円ですと発行済株式数の約26%程度になります。もっとも、リーマン自身が行使する気はさらさらないと思いますが・・・。

以上、ざくっとコメントしてみました。

ぜひ、なかよくしてくださーい。
宜しくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

ライブドア ぁ

ライブドアのおかげでいろいろ金融商品や株式市場に興味を持つ人が増えているようです。功績、めちゃ高いと思うけどなぁ。FTにも記事がでましたね。”Takafumi Horie is everything the traditional Japanese business elite dislikes. Young, cocky and scruffy, he exudes

TrackBack URI for this entry

side menu

プロフィール

水谷

  • Author:水谷
  • 出来るなら、水谷豊の嫁になって
    オーランド・ブルームを娶りたい。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。